銀座での(私にとっての)新たな発見

このところ、毎週日曜日に銀座へ行く用事が続きました。
銀座通りのお店は、ドタ靴にひじの出たセータ姿、みたいな普段着で銀座に乗り込む(!)私にとっては敷居の高いブランド店ばかり。ウィンドショッピングをしながらユニクロへついてやっと「ホっ」とします。

先日生まれて初めて、母の御付で銀座のヴィトンのお店に行きました。
大学時代、私の周りはヴィトンの洗礼を受けた人たちが多かったのですが、私は信仰心が薄く(笑)。
これまでデパート内の店舗にすら入ったことがなかったのでした。
私にとってカバンは消耗品だし、少しでも軽くてたくさんの物が入るほうがいいので、たぶん、一生ご縁の無いままだろうと思いますが、楽しい社会科見学となりました。案外、普通のお店なんだわ、とちょっと意外なイメージをもちそうに・・・。

さて、私が集めているフンメル人形。時々シュタイフとのコラボレーション商品を販売します。
新しいカタログにも掲載されていましたが値段が載ってなくて、ドイツへ問い合わせようかな~と思いながらある日銀座を歩いていたら、リヤドロのショーウィンドにシュタイフが!手にはリヤドロ製らしきアコーディオンを手にしています。
a0094449_6553069.jpg

思ったほど高くなく、日本だけの扱いなのかな?なんて思いながら、これまた初めてリヤドロの路面店に入ることに。

銀座には、確か、タカラの子会社がやっているシュタイフがあったはずだけど(しかもドイツ物らしく、獨協大学の同窓会が入っているビルにお店を構えてたハズ)、と思いながら教えられたフロアに向かうと、想像以上に商品が陳列されてました。白タグのコラボだけではなく、いわゆる「黄色タグ(定番)」がたくさん。

シュタイフの日本販売権はリヤドロに移ったんだそうです!

そうなんだー。
リヤドロの商品とのコラボがいくつかあって、決して安くはないけれど手が出ない値段でもないので、またいつか寄ってみようと思いました。以前、出産したお友達には赤ちゃん用のおしゃぶり兼布ぬいぐるみをよくプレゼントしていたのですが、そういった小物もちゃんと扱いがあるし。何かの折にはまたお世話になりそうです。

フンメルも日本で販売してくれるといいのにな。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/14091967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2011-11-30 06:20 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る