地下鉄1日券を買うべきだったかも?

昨日は、韓国文化院のほかに、ラクロスの試合観戦にも行ってきました!

知り合いの子がラクロスのサークルに入っていて、集客試合をしなければならなくなったのだとか。集客試合といっても無料なのですけれどね。
ということで四谷三丁目から井の頭線沿線の都内某国立大学教養学部のグラウンドへ。

ラクロスって私が学生の頃はまだ日本ではメジャーな大学サークルのスポーツではなかったなあ。
グラウンドホッケー(グラホ、と呼んでました)は同級生が何人もやってました。
ラクロスの競技自体は知ってましたが、実際に試合を見るのは初めて。ルールも知らず、だったのですが、簡単なパンフレットが配られ、また、私たちが立っていた(体育の授業で使うグラウンドで試合だったので椅子なんてない)ところは、都内リーグに属する各大学のマネージャーさんたちが集まって、データ収集をしているところだったのです。

耳を澄ませていたら、彼らが小声で試合展開を言いながら録音をしたり、試合の様子をメモに取っている時の話が聞こえてきます。そのおかげで、試合が止まると理由がすぐわかる、という特等席(笑)。ラケットや体をボールを持っている選手に充ててディフェンスをしてはいけない、攻撃陣は一定の人数以上相手ゴール前にいてはならない、というのが基本的なルール。それでいえば前者がファールとなり、後者がオフサイドとなります。
ボールはゴール裏まで回せるという点はアイスホッケーみたいだし。
なんとなくアメフトっぽい攻撃展開にもなり。
私はついついサッカーとルール比較をしますが、サッカーのスローインに相当するものもあるのですが、その際にはラインアウトになったボールのそばにいた選手がボールを持ったままフィールドに走りこんでいくという方法。

そうそう、一番印象に残ったのは、ファールやオフサイドの後のプレー再開やそして先のスローインの時には敵味方共に身体を動かしてはなりません。私、ついつい、
「つまりラクロスって究極のだるまさん転んだ、ってことよね」
と迷発言をしてしまったのですが、でも、そんな感じがします。
さらに、各チームともタイムを取ることができるのですけれど、その時にはラケットをその場に置かなくてはなりません。つまりフィールドへは同じポジションに戻る、ということなのでしょう。
ネイティブアメリカンのスポーツの影響もある、といわれるラクロスの一面を見たような気がします。

試合は追いつき追いつかれ(知り合いの子によれば、相手の方が若干格下、というところだったそうです)、最後の最後の逆転してそのまま試合終了。

そして、そのあと、急いで銀座の美容院へ。
途中で、アップルストア―の前を通りました。思っていたよりは列は短かったですが、この日も結構たくさんの人が並んでましたね~。
私はまだまだ古いフツーの携帯で頑張るぞーと妙な気合いを入れながら彼らの横を通り過ぎました。確かにスマートフォンはsmart(賢い)だし、賢い人が使うのは鬼に金棒でしょうけれど、私みたいなのが持つと「私(ブタ子さん)に真珠」になるか、はたまた機械に依存して「ワタシガダメニナル」気がします。
ま、正直言って、私の日常は家と職場の単純往復というシンプルそのものなので、機械をつかう機会がない(←うちの部署で流行っているダジャレ)んです。

さて、いつもお願いしている美容師さんは忙しく、デジパの巻きの最後のところは若い人に任せたのですが、その人も一人でしないでさらに若い男子を呼び作業をしました。私は、普段は、途中の過程を若い人に髪を任せても気にならないのですが、昨日は違いました。なんとなく不安が・・・。
結果として若い男の子の巻きは緩く、暑い修行の時間(デジパはパーマのロットが電極になっていて、そこから電気を通すのです)を終えて、ロットを外すと1か所ほとんど巻いてない状態に!025.gif
まあ、デジパというのは最終的には仕上げの時に指先で上手くまとめられるんですけれど(だから私みたいなズボラがかけるのです・笑)、でも、でも・・・。
担当の美容師さんが帰りに「ビックリなさったと思いますが、いつもの通りの仕上げ方で大丈夫ですからね」と。
きっと、反省会でこってり絞る気だろうなと思われます。042.gif

と、そんなこんなで一日に3つも用事をいれたので、疲れてしまい・・・。
家のことをしていたら10時半!
今日は、オットル君帰郷記念試合ですよっ!
a0094449_6233824.jpg

バイヤンベルリン支部といわれそうな「ヘルタベルリン」の試合ですよ!お父さんとお母さんとお兄さんが来てるかもしれないのに!

ラジオ!ラジオ!と言いながらネットをつなぐと・・・。
ラジオは南の星を延々と流し・・。
画面は3-0

試合、終わっちゃったんだ・・・・。あれ?もうサマータイム終わったっけ?と思いながらライブティッカーを見たら・・・前半が終了後のハーフタイム中でした。
前半のスコアーを見ただけで、バイヤンの好調がよくわかりました。なんせ、試合が終わったなんて思わせるんだもん・・・。でも、ひょっとしたらオットルくんが1点入れるかもしれないし!と突然ラッキーボーイ体質になるおっとりオットルくんの覚醒を期待するものの・・・。

しかし、眠くて眠くて・・・。ガオラさんの映像待ちにして寝てしまうことに。
目覚めたら4-0でした。
ラムたんは78分で交替(ミュラー、ゴメ蔵もだけど)。
ちー、これでカピテンは2試合連続で交替なのね・・・。

やっぱりラジオ聴いておけばよかったかな。だって、オットルくんの枕詞知りたかったし・・・。
どんな心境で試合をしたんだろうなあ。
ガオラでは整列の前からちゃんと放送してくれますように・・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/13818000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2011-10-16 06:45 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る