なぜ女性の声なのか

昨日のなでしこ帰国会見、すごかったですねー。1時間は公共エイセイ放送で放送されていた様子。
えーっと、職場では国会中継を見ていたのですけれど、どういうわけか、気づいたら記者会見が流れていました(笑)。
テレビのある一角にみんなが集まっては散り、集まっては散りという感じでした。私が用事を作って(!)テレビの前に行った時には、ちょうど会見が始まったばかりのときでした。メディア代表質問なのかもしれないけれど・・・

ゲッ、この声はチンタオじゃ?

気のせいかな?と思ったけれど、勝手に場を仕切ったあたり(フォトセッティングは後からなのに、澤選手に金メダルを持った姿をみせろ、とか言い出し、あとで、自分で自己批判してた)、そうだと思うのよね。
いや、まあ、チンタオの中継は極東のサッカーを愛するみなさんからエラく支持されているようなので、場外は何も言うまい・・・・。

帰宅時に携帯をチェックしたら家人からメールが入っていました。家人の恩師は女子サッカーチームを運営しているので、優勝が決まる前(アメリカに追い越された時)と優勝が決まってから出した2本のメールへのお返事の転送でした。その文面からここでお世話になっていたなでしこが複数いることが判明!車内だったので声はあげませんでしたが、心の中で「えー?あの選手も?」「あらら、この選手も?」と。
そのメールを読んでわかったのですが、なでしこたち、幼いころからずっと同じポジションでない場合が結構あるみたい。そのさまざまなポジションの体験が、仲間を活かす原動力なのね、と思いました。

そして、今、目覚めたので「そうだ、リーガトタールの試合を聴こう!」と久しぶりにFCB.tvを立ち上げるも・・・・。
中継はないのね~。残念。
そして、ウサミさんの記者会見が(特に見たいわけではなかったけれど)立ち上がりました。
昨日、夕刻には「雨どうなるかしら」と台風の状況をテレビでチェックしたときにも流れていたウサミさんの映像が。いやあ、昨日の夕方の映像は衝撃でした!す、少なすぎるよ、取材陣が。いやいや、ホント、リハーサルかと思いましたよ。なでしこの優勝でメディアのみなさんは揃ってそっちへ行っちゃったってコトかしら?
ま、鳴り物入りじゃないほうが仮に後から上手くバケられた時には貴重な映像になるわけよね・・・。

それにしても、なんで、FCB.tvではウサミさんの日本語の上に被るドイツ語が「女性の声」なのでしょうか・・・。

どうして?どうして?
いままでそんな吹き替え(!)あったかしら?
ドイツではテレビでも劇場公開映画でも、外国語のものはドイツ語に吹きかえるとは聞いていましたが・・・。いくらハタチ未満で見た目もあんな感じだからって、女性の声で吹き替えなんて。しかも「所属チームの公式テレビ」で・・・(汗)。
うーむ。

あ・・・ウサミさん、未成年ってことは、オクトーバー・フェストでまたまたてんとう虫のテントに集合をかけられたら、ビールを飲むのかしら?それともリベリと一緒に子供ビールでも飲むのかしら?
それより、去年みたいに集合なし、なんてコトになりませんよーに。リーガトタールもあんなことになってしまって・・・(号泣)。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/13107725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2011-07-20 03:12 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る