はあ・・・

とりあえず、

父ちゃんが何を言おうとも、私にとっての父ちゃん一家の長男と次男は永遠に彼らです。ということで二人は永久欠番になりました。
同じ背番号をつけてピッチに立つ人が出ようとも(いや、もう出てるのか)、その数字は私の目には見えません。


以上。

書いていながら、これって「ドロドロ韓国ドラマ」で、デカい居間のソファーに座って、でっかいイヤリングを耳に付けたオク様が外にもお子がいたと判ったダンナに向かって言いそうなセリフだわ、なんて思う私です。
親善試合が引退試合にふさわしい選手もいるだろうけれど、長男も次男も公式戦後のインタビューで「今日で代表は引退する!」と言ってピッチを去るのが一番似合うのに・・・。彼らは花束ではなくて、完全燃焼した試合の後の余韻でもって称えるのが一番ふさわしいと思うのに。

良く言えばスマートに怒ることしかできない、キツい言い方をすれば単に自分の怒りを表すだけで、仲間をそのエネルギーで鼓舞することができない選手が「父ちゃんち」に増えているのが気になってました。外階段を部屋につけているって書き方をWM10の時にしました。
ラムたんがこれからもカピテンでいるのかわかりませんが、ラムたんは怒りというエネルギーは完全に負に働くタイプ。あの冷静さがチームには必要だけれど、それは長男・次男という存在があったからこそ。あの冷静さだけではチームが危機に直面したときにはやりきれない。
そりゃ、ラムたんが怒らなくても仲間を鼓舞できるタイプだったらいいけれど・・・。どうかしら?そうかしら?

あー、今日は6年かかわってきた任意女性団体の卒業式。1任期3年の役員を規定通り2期務めました。
といってもワタクシは他の役員さんと違って、職務上そこにかかわったという感じなので、役員としての仕事は少なく、やり遂げました!という充足感は特段ありません。また、役員を辞めてもその団体との関係は私が離職しない限り細く長く続くからかな。
そのためなのか、1期で、もしくは2期で退任する役員に比べると非常にクール。
前は色紙1枚にみんなでメッセージを添えるという感じだったのが、この数年、一人1枚の紙を渡されてそこへメッセージを書くいわゆるサイン帳形式に。これがまた苦痛で・・・。
私はお別れはあっさりとすませたいタイプ。またいつか会える人とは会えるし、それまでのご縁だった人とはそれまでだし、変な話だけど顔を合わせなくてもつながっている、という人はいるし、つかず離れずの人間関係のなかで生きているワタクシとしては、正直「女子らしいお別れ儀式(ワタシ達は永遠に不滅です!みたいな)」は苦手なのです。
でも、考えたら、役員の多くは専業主婦だから、子育てや介護の最中に役員を引き受けるっていうのは人生の中でビッグイベントなんだろうなと思うのです。そうなると、ワタクシみたいに「仕事の都合で引き受けた」というパート気分じゃないんだろうな、と思えなくもなく。そういう人生の先輩たちの中で長らく一番年少で、地域社会的な経験もなく、育てる子供もいなくて、遠慮もないワタクシ。いや、仕事は一生懸命やりましたけど、でも、なんていうのかな、この団体の仕事は団体の建物の中だけでしかやらなかった。そうじゃないと、私の身体も心も持たないと思ったから。そして、正直に言えば、あの程度で一生懸命やったというのは自分の中で、であって、第三者から見たら、もっと働いてよね!だったのだと思えます。なので、何となく「申し訳ありません」という感じでして(汗)。
他の役員は所属する委員会のことで時間をやりくりして、つまり生活を犠牲にしても仕事をしていた!自分は偉かった!と思っている人が案外多いことが辞める前になって気づきました(←鈍感すぎ、ワタシ)。となると、オバ様やお姉様たちが自らのお別れ儀式に力をいれている理由がわからなくもないけれど、私はなんとなく一歩引くような感じでして・・・。

一区切りって難しいですね。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/12908910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pepe at 2011-06-19 16:41 x
東風様、私はドイツと日本の代表チームしかわからないんですが、どっちも草食系って感じがしますね。特に主将は・・・。チームもギラギラした感じがなくなりました。底上げはしてると思うんですが、なんか育ちのいい坊ちゃんがそろったとでも言いましょうか、なんか物足りない。チームの中のゴタゴタで分裂するのは本末転倒だけど、ぶつかっても修復可能な信頼感で結ばれたチームならいいんですけどね。
そして、職務とはいえお役目ご苦労様でした。それこそ一団体にいろんな人がいて良いんですよね。主婦だろうが勤め人だろうが自分の領域外のことって判らないですから、結局人間って偏ってるんだと思います。皆其々の立場で頑張ってた・・・ってことなんだと思います。ついつい自分の立場からしか見ないし、わかろうと思わないけど・・・。ああ、私のことですわ、おほほ。
Commented by eastwind-335 at 2011-06-20 19:41
pepeさん、こんにちは。
本当、草食系の多いチームですよね。気持ち草食、みたいな選手もいたりして。フリンクサー&バラックの夫婦漫才は本当におしまいになったんだなあ、と哀しくWM02&06やらEM08を思い出す私です。
そして、いつの間にか過去の人に静かになっているメツ・・・。残るオバサーはクローゼだけですね・・・。
お役目ごめんとなり、本当にホッとしました。私も自分の立場からしか物が言えない人間でしたが、そのツッコミどころが相手にとっては痛いところだったようです。
そして、私の聞き流すように見える態度も「ん、まあ~(怒)!」みたいにさせてしまったのかも(笑)。すみませーん。みなさーん(ってここで言ってどうする、なのですけれど)。
by eastwind-335 | 2011-06-18 06:02 | 日常 | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る