書いて覚える

新しいお弁当箱にいそいそとご飯を詰めるワタクシを見て、家人が「仕事にいくのか、行楽に行くのか」と呆れてました。
相変わらずてんこ盛り、男弁当状態です(汗)。これじゃ、せっかくの内側の塗りが映えない・・・。
a0094449_7565296.jpg


新しいアルバイトさんが来て、自分の仕事を見直すことになりました。二人のうち一人は以前から単発で来てくれていたオバフォーさん。もう一人はアラフィーさんで、久しぶりに事務仕事のバイトをするとか。

アルバイトさんを雇うようになって10年。歴代、アルバイトさんには大抵の場合恵まれていて、こちらがファイルをよく読んでくださいね、といったらこれまでの方は持ち帰ってまできちんと読んでくれ、質問もしてくれて、作業も積極的に取り組んでくれ、前のファイルに更にメモをつけたりしてくれるような「正規雇用したくなるぐらい」の人たちだったことに甘えて、ワタクシもアルバイトさんに任せる仕事を自分で一度やっておく、なんていうチョットしたことを忙しさにかまけてやっていなかったな~と。

私は自分のメモリー数が若いときから少なかったので、「ちょ、ちょっと待ってください!メモにしちゃいますので」と言って、初めての仕事はささいなことまでメモをとり、それを再度書き直し、仕事の時にはそれを確認しながら身につけてきた非常に「頭がわるい」新人でした。
実はアラフィーさんが引き継ぎであまりメモをとっていないので気になっていました。
もちろん、体験しないとわからないことがあるけれど、数日にわたったバイトさん同士の引き継ぎのときから「ま、実際にやってみないと」というので「いや、今してもらっているコトがすでに「実際」なのに」と内心思っていました。引き継ぎは辞めるバイトさんがする作業だったので、口をはさむわけにいかないし・・・。

まだ仕事が始まって2週間そこいらなので仕方ないけれど、仕事が滞ることが。
引き継ぎでやったことだから、と任せていたら・・・ありゃりゃ?でも、ま、まだ1か月経つかどうかだし・・・。
それよりも、ワタクシの指導不足でミスが起きていることを痛感する毎日。
新人さんへ言葉が足りなかったために先方部署から「次はここにコレかいておいて」「次はここには何も書かないで」なんて注意がきてしまい・・・。その中にはこの5年の間に変わっていたコトもあったりして、その話をバイトさんから聞いてはあわてて先方へ電話をかけ「うわー、私ったら勉強不足でした~」と受話器を握って頭下げてました(汗)。で、改めて新人さんに「カクカク・シカジカなので、次からはこうお願いします」と指導しなおしてますが、きっと「私のせいじゃない、東風さんのせいだ」と、とんでもないところに来ちゃったな~と思っているに違いない(涙)。そりゃ、そうだよね、他部署では「またアイツがちゃんと指導してなかったな」と間違いなく事実を把握しているはずだけど、でもバイトさんの作業、ってことになっちゃうわけで・・・。

でも5年前とどこが違うのか・・・。
良く考えたら、5年前はワタクシ自身が自分でアルバイトさんの作業を体験し、メモにしてあったのでした。
前のバイトさんが作ってくれた引き継ぎ資料はサイコウの出来で永久保存版にしたいぐらいだったので、ワタクシはすっかり気持ちがゆるんでしまっていたのですが、あれはきちんと読まないと良さがわからないのでした。むしろ、わたしみたいなウッカリぼんやりさんが仕出かす失敗集を先に渡しておくべきでした・・・。
新人さん、すみません!
実はアラフィーさんがここのところ注意されたことは、間違いなく誰でも失敗することなので、引き継ぎで前の方がきちんと言ってくれておいたはずですけどね・・・・。

いや、それでも起こりうる想定外なこと(え?)を予測しながら彼女たちが慣れるまでをフォロするのが私の仕事。
ん?バイトさんが私の仕事をフォローするはず?
いやいや、フォローしてほしかったら相手をフォローしないとね・・・。

新人に戻った気持ちで自分の仕事、新人バイトさんの仕事に向き合っている春の日です。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/12422993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2011-04-15 07:57 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る