勝っても負けても

今日の試合、生中継だったのですね。てっきり録画かと・・・。

ちょうど目覚めたらプランちゃんのお腹にボールがあたって危うくセーフってシーンでしたよ。
次に目覚めたら、フンメルスが強烈ヘッドを決めていた。(←リプレイ?)彼を見る度に、いつも「バイヤンにいた頃は少年って感じの写真だったのよねー」って思う(実は私動くフンメルスは、レンタルされてから見るようになったので)。CBフンメルスを手放すんじゃなかったなあーと思ったフロントもいるかもしれませんね~。ま、チウリップは「自分の時代の話じゃないから」とか言いそうだけど。

前まで出てくるセンターバック・・・うちにもいますよ、ベンチに座らされてますけど。

ロスタイム中にスタンドで誰かが吹いた笛でもう試合が終わりか?と勘違いしたクロッポンの喜び方。
わかさばくはつって感じでしたよねー。マインツのカントクのときなかなか勝てないチームとして、どんどん無精ひげが増えて行っちゃって顔が消えて行っちゃいそうなクロッポンというイメージがありましたが、いまや、熱いアニキとして日本でも有名になりつつある感じが・・・。
本当に試合が終了したときは、長らくミュンヘンで勝てなかったということもあるけれど、すごい喜び方でグラウンドまで走っていき、だれか選手をハグしてる最中に?メガネを落とし自分で踏んで壊す、という、ある意味コメディーまでやってくれ・・・。

さっそくのリプレイを観ました。
バイヤンが負けた試合としてはいろいろ思うこともありましたが、ドルについていえば、トップを走るチームの勢いを感じるし、クロッポンのあの嬉しさ爆発を見ていたら、このまま頑張って優勝してもらいたい!と思いました。
バイヤンも諦めずに一つでもいい試合をしてくれたら~と願ってます。いや、ホント、じゃないと、このシーズンにチームを離れて行った仲間たちに申し訳ないもん、ホント。

そう思いながら朝ご飯を食べ、虎の門へ。
すっかり東京マラソンだってこと忘れてましたよ~新橋から虎の門へ向かって歩いていたら・・・・人がいっぱい!みんな走ってる?ええ?この通りのどの横断歩道も渡れない?!
と、フラフラしそうに。約束の時間まであと10分(余裕見ていたのに!)。急いで警備の人に確認すると100メートル先に地下鉄内幸町駅があるからそこをくぐって向こうへ渡れると。
一瞬の速さとしては市民ランナーさんたちより早めのピッチで、私は駅を潜り抜け向こう側へ渡り、おかげで遅刻せずにはすみました。この日、自転車に乗っていた人たちは自転車を担いだままで狭い地下鉄駅への階段の昇り降りがあったから大変だったことでしょう。

a0094449_14553112.jpg
所用を終えて12時前に同じところへ出てきた時は、人の流れが逆になっていました。
ボランティアさんたち、給水だけじゃなくて沿道声援も。市民ランナーだからか、パフォーマンスありっていうランナーもいて、けっこうハイタッチなんぞをしながら走っている方々も。
完走できた方もできなかった方もご苦労様でした!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/12189822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2011-02-27 14:55 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る