26歳じゃなくて27歳のカピテンです

我が家、目下、オーストラリア戦観戦中。
オジェック監督を見て「この人に会ったことあるよねー?」と家人。
6か月前にドイツ大使館でお目にかかったじゃありませんか?!
いつの間に、オーストラリアの監督に?なんて言っているうちに、試合時間はどんどん進み・・・。
夫婦して立ち上がり座り声を上げ・・・・とスタジアムにいる状態です。
おっさんに負けるな!というのが我が家の掛け声です。30代3人にやられてる・・・って・・・・。
でも、家人と二人で「オーストラリアが入ったことで、日本は世界で強くなれる機会に恵まれたってことだ」という結論に。
だって、ある種小汚いリズムの中東組とヨーロッパなオーストラリアの両方を体験できるんですもん。

バイヤン、今日も勝てたのねー、と先ほど結果を見てホっと。
私は、ボメたちがいなくなってしまったことで、選手たちが負けられなくなったと思います。
ボメたちがいたから勝てなかったんじゃなくて。選手が危機的状況だからがんばってるんだよ、きっと。
けど、チウリップ監督は「ほれみろ、自分がいった通りではないか!」と声高々にベンチで言ってそうで・・・。
ま、これはワタクシの勝手な思い込みですが。監督というのは嫌われ役もしなくちゃいけないけれど、でも、なんというのかな、ファンの気持ちまで踏みにじるようなことはしないでもらいたい。

ホッとしたものの、ライブティッカーを見ていて唖然・・・。
えーっと、この赤い札(ヴィーゼ)、赤いボール(メルテ君)・・・。うーん。

もっと「えー?!」と思ったのが・・・・
ラムたんったらやだ、青いキャンディー食べちゃったわけ?公式の記事によると・・・
ミュンヘン生まれのラームはFCバイエルンが1965年にブンデスリーガに昇格してからは第15代の主将。「もちろん、バイエルンの選手としてこの職およびより責任を負うことは刺激だよ。単純に楽しい、だからとても嬉しいんだ」と同26歳はコメント。同DFは昨夏のW杯以来、ドイツ代表でも主将を任されている。
Der gebürtige Münchner Lahm ist somit der 15. Kapitän des FC Bayern seit dem Bundesligaaufstieg 1965. „Klar ist es ein Reiz, als Bayernspieler dieses Amt und mehr Verantwortung zu übernehmen. Es macht mir einfach Spaß und deswegen habe ich mich darüber sehr gefreut“, so der 26-Jährige, der seit der WM im letzten Sommer auch das Kapitänsamt in der Deutsche Nationalmannschaft inne hat.


えーっと、2010引く1983は?

27歳じゃないのかな~。翻訳ミスじゃなくて、ドイツ側のほうの勘違い~。

ブンデスの師匠から「いよいよ、ラムたんの時代になったじゃないか?いやいや、先見の明があったねー」と先日ご連絡がありましたが、まあ、それまで副キャプテンだったからそりゃあ自動的に上がるのでは?
それより、ボメは「コブタちゃんにカピテンは任せた!」と言っていたのに、やっぱりラムたんだったんだな~って。ま、チウリップ監督がそんなコト認めるわけあり得ないけど。
ってか、ラムたんのあまりにも無邪気なコメントに「いやーん、気を付けてよっ!」と思う私です。

さて、ラムたんと同学年、アジア大会中に27歳になったカピテンハセベが率いる日本代表・・・。もう、ハラハラしっぱなしです!

おおー、ナガトモ!李~!
ナガトーモー!

す、すみません、ご近所のみなさま・・・。夫婦して叫んでしまいました。
守っちゃだめ~!攻めてよ~!!10分守ってちゃダメだってばー!
オーストラリアに攻めさせる(つまり日本が守る)というのはよくないー!攻撃は最大の守備なのだー!

えー?なんで、なんで?ここで、いま、ここでハンドを取る?ウズベキスタンのレフリーったらいったい?!(試合が終わったらこのレフリーさんたちがメダルをもらうわけ~?)

やったー!やったー!やったー!
コンフェデに行ける!
やっぱりナガトーモーの無駄なエネルギーのおかげよー!オカザキもそうだけど、スタミナのある選手が二人もいたら、残り8人がちょっとヘタれても大丈夫。ナガトーモー!ナガトーモー!
きっと、マツコさんちも大騒ぎだったことでしょう(笑)。

カガワの名前の入ったユニフォームを掲げる長友!こういう熱い気持ちを持っているのがうれしいです!
あ、ハジメちゃんも誰かのユニを持ってる?誰のかしら?松井のかしら?他の選手も離脱した選手のを持ってる!
こういう雰囲気のチームになったっていうのがすごく嬉しいです!23日も一緒にいたから、だと思う。これって強いよね!
お疲れ!

追記:いま、閉会式を見てますが(公共エイセイ放送ばんざーい!)、李選手は表彰式でカタールの王族たちと挨拶するときに左手を右ひじにあててましたね。彼のアイデンティティをきちっと示したな~と思いました。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/12018253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2011-01-30 02:54 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る