真空パックの有効期限は?

冷蔵庫の奥から筍の山椒煮のようなものが。
多分、箱に入っていたのでしょうけれど、それをはずして冷蔵庫に入れていた模様・・・。
どこのものなのか、いつもらったものなのか、それより誰からもらったものかしら・・・?と記憶のページをめくると・・・。

夏ごろ母からもらったような気がしてきました。そうそう、京都土産とかいって、山椒とじゃこを煮たものももらったんだった。そっちはお結びとかに大切に使っていたら、ある日、お茶漬けをした家人がドドドーっとお腹の中に収めてしまい、非常に哀しくなったことを思い出してきた・・・。

真空パックだし大丈夫でしょ、と温かいご飯に筍を刻んだものをまぜ、好評だったのが10日以上前。

残りをゴムで留めて冷蔵庫にしまっておいたのを忘れていました。
まだ、間に合うかしら?いや、間に合うと思えばいいのだ!
急いで刻んでお弁当のご飯に混ぜてみました。っと、私の口のサイズにはピッタリでも、写真に撮ると「男弁よ、今日もまた」でした。もっと細く切るべきでしたね(汗)。
a0094449_1635158.jpg

前にも書いたかもしれませんが、この1年、国産筍の真空パックされた水煮をスーパーでみかけることが少なくなりました。私が行くのが庶民の味方スーパだからなのかしら。チーコクさんはいつ行ってもありますけれど。去年は高知産だったかな~、手ごろな大きさ手ごろなお値段のものがけっこうあったのになあ・・・。この前も「中国産じゃない水煮、どうして入らないのかしら?」と言っているお客さんがいたけれど、全国チェーンの大きなスーパーだと、流通の都合もあってなかなか難しいのでしょうね。
実家そばのスーパーで見かけた時には、二袋買いました~。あと一袋。これの使い道はもう決めてあります!
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/11982655
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2011-01-24 17:56 | 料理 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る