音声でははじめて

先日のミニバス旅行でのこと。
帰宅前にコーヒーチェーン店で一休みしていた時のことです。

私たちの隣のテーブルにまだ大学生か若いOLさんらしき女性が座っていました。
そして、待ち人来たる。これまた同い年ぐらいの可愛らしいお嬢さん。
待っていたお友達に向かって一言。

あけおめ~!

電脳世界上では「あけおめ」「ことよろ」となるのは知っていましたが、リアル社会内での音声は初めて。
しかもアニメ声。「め~」の後にはハートマークが浮かんでくるような。情報番組の秋葉原特集に出てくる女の子みたい。
しかも大声。
これ、家人のツボをどついたようでして、お店を出てから何度も思い出したように小声でさっきの女の子と同じテンポ、声の高低をつけて「あけおめー」とわざと私に言ってきました。

でも、その前々日、つまり元旦夜の「アド街っく天国」を見た時の衝撃ほどじゃなかったな。
いま、東京にはメイドカフェ、執事カフェどころでないカフェができているんですって?!
アゴのとがった男子二人が表紙の小説の雰囲気のカフェとして紹介されていました。非常にえげつない画面展開に家人とふたりびっくり。ググったら、もう何年も前から秋葉原や池袋にできていたのですねー。
個人の嗜好は結構。表現の自由も認めます。
でも、いくら、正月二日からスーパーが開店する、もはや福袋のニュースでしか正月を感じることが難しい21世紀とはいえ、元旦の夜9時台の情報番組のネタじゃなかろーに、と夫婦してため息。
長寿番組としてなんでもアリなの?でも、やっぱり元旦はやめてほしかったなあ。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/11856495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2011-01-06 17:16 | 日常 | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る