圧力鍋で初料理

私は日々の料理作りを圧力鍋でなんとか乗り切ってます。
ものすごく大雑把にいえば、私の中では、肉じゃがとカレーの違いはカレールーをいれるか、醤油や砂糖他で味付けするかの違いで、途中までは一緒。それに気づいた中学生の春、急に料理が身近になりました。ひと手間かかるとはいえ、シチューもブリ大根も大変難しい料理なのではなく、「どれだけじっくり火を通せるか」が決め手なのだと思います。その時間短縮ができるのが圧力鍋。今や、私はブリ大根は圧力鍋以外で作る気はしません。

最近、圧力鍋メーカー各社が、人気料理家に依頼して料理本を作っています。でも、私からしたらすでに作ったことのある、かつ、なんとなく似たような煮込み系のメニューが多く、本屋で手に取っても買うまでは至らなかったのでした。
a0094449_20323586.jpgが、この本には、和・洋・韓の料理が少しずつ入っているし、これまで考えたこともなかったメニューもあり、目新しくて買ってしまいました。


今年最初のちゃんとした料理は・・・・圧力鍋をつかったご飯となりました。
雑穀ごはん。

私は白いご飯よりも玄米のほうが本当は好き。押麦などが入ったごはんも大好き。
家人は玄米よりは白いご飯が好きなのだけれど、雑穀ごはんも嫌いじゃない。

ということで、雑穀ごはんは二人とも好きなごはん、となります。




このごはんを作りたいと思ったのは、食べたい!というのが一番の理由ですけれど、もう一つは、余ったご飯は坊ちゃんカボチャに詰めて蒸すとまた美味しい・・・とも書いてあったからです。

ま、とりあえずはご飯作りにチャレンジだ!

a0094449_20114416.jpgもち米1カップ、白米4分の3カップ、大匙2の黒豆は必須なのですが、あとの雑穀はなんでも良い(あわせて大匙2程度の範囲で)、とあったので、先日、成城石井でちょっと安くなっていた国産100パーセントという16穀を入れることに。


加圧は4分、あとは自然放置とありました。
この本で使われているのはWMFの2.5リットル用。憧れちゃうフォルムですが、持ち手が長いので我が家のような小さな台所ではちょっと邪魔かな。
うちの、カード会社のポイント消化のために買ったようなno nameなメーカーの両手鍋型のアルミ圧力鍋(生協などで取り扱いあり、らしいですが)とは底面積が違うようだけれど、加圧時間はどうなるかしらん?煮込みは足りなかったら後で加圧しなおせばいいけれど、ご飯はどうなんでしょう・・・・。

いや~ドキドキしちゃいます。
できた!うーむ、黒豆が摩訶不思議な形に?いや、盛り付け方で違って見えるはず(笑)。
a0094449_2015068.jpg
ナツメ(ディーツ)が入っているのでちょっと甘味もあります。台所の蛍光灯が暗くて、見た目はイマイチですが美味しかったです。簡単だからまた作ってみようっと。

冷めたらどんな感じかな?お弁当にも大丈夫なごはんなのか、明日も楽しみです。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/11837053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sandonomeshi at 2011-01-04 23:08
東風さん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、圧力鍋。私も大好きなのですが、いかんせんうちのはドイツのご家庭御用達のバカでか(多分5Lほど)サイズで、使い勝手悪くてついついしまったままだったんです。小さなサイズのがもう一つ欲しいな〜と長年(!)デパートやそれこそWMFのなんかのバーゲンを気にしてみてたんですが、どうしても二つ目となるとなかなか思い切れず・・・。でもこの間やっぱりno nameなメーカーのが3,000円ほどで出ているのを発見。ブランドものとはいえ10数年も使っているうちのでっかいヤツよりは機能もよさそう!と購入してしまいました。私も圧力鍋ライフ、以前よりはエンジョイできそうです。^^/
Commented by himekagura at 2011-01-06 14:44 x
東風さん、あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。
圧力鍋、私も欲しいことは欲しいのですが、なかなかこれ以上鍋を置くスペースがなくって、、。実家ではずっと母が圧力鍋を何十年も使い続けて愛用してるので、便利なのはよくわかっているのですが。この雑穀ご飯、美味しそうですね~。
Commented by eastwind-335 at 2011-01-08 07:09
sandoさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

実家も5リットルもものでした。もう30年近く前のものです。たぶんドイツ製だと思います。当時は、日本のものはパッキンが甘いと言われていたようです。
ところが、実家では身体の小さい母には大きすぎて(丈が)、父の病気で塩分調整などが必要になり煮込み料理がぐーんと減り、パッキンが甘くなったこともあり・・と徐々に出番が減りました。でもまだ捨てないでいるのです。スパゲッティーをゆでたり、スープをとる寸胴鍋替わりになってます!
人数が多い時は大きなもののほうがいいと思うのですが、二人とか、ちょっとだけ作りたいという時は小さいものがいいですよね。我が家のは持ち手もいわゆる片手鍋状態ではないので、仕舞うのもガス台でも場所をとらないのでものすごく役立ってます。
ただ、圧力って空間とも関係していると思うので、いつも、テキスト通りの時間で大丈夫かな~と思いながらのチャレンジ状態です。
Commented by eastwind-335 at 2011-01-08 07:13
himekaguraさん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
我が家は結婚して早い時期に圧力鍋を入手したので愛用してますが、逆にオシャレな鍋(ルクなど)を買うスペースがありません・・・。
雑穀ごはんは美味しかったです。普段も炊飯器で16穀ごはんのもとを投入することがありますが、おこわ風で美味しかったです。翌日もそれほど固くなりませんでした。本当に簡単にできるのでぜひぜひ!
by eastwind-335 | 2011-01-04 19:25 | 料理 | Trackback | Comments(4)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る