低金利ですが何か?

レバクー戦、睡眠応援の予定でしたが、なぜか2時半に目が覚めてしまいました。試合は11時半ぐらいからと思い込んでいたので「もう試合終わっただろうな」とパソコンを立ち上げると、なんとこの時間からのプレー。ということで前半だけ聴戦しました。

ゴメ蔵が決め「よーし!」と深夜小さくガッツポーズをしたのに、あれ?前半が終わる頃、なんか中継アナの声が小さくなり「はいはい前半はこれにて終了」みたいな感じのせりふの向こうに聞こえてくるのは・・・

バイアリーナでの「ヌールッ!」という声。

待て?
待て!
何があったというのでしょう?この「何もなかったように前半強制終了ボタンを押す挨拶をしている」ようなバイヤンラジオのアナウンサーの口調は・・・?
急ぎライブティッカーを見ると・・・。1-1になってるし(とほ)。

このまま聴戦をするには体力も気力もなかったので「寝たほうが勝てるかも」と思ったのですが、翌朝、「負けなかったのね」と公式の記事(なんか、いつの間にか違うのに差し替えになっているような気がしたけど)を読んでガックシ。
昨晩というか今朝早朝、ガオラさんではテニスの国際試合の生中継の合間を縫った2時間がバイヤンアワー、もといブンデスリーガー10-11のお時間。
前の試合自体では試合中継がないかも、という状態でしたので、今朝、すぐに録画したものをチェック。

今日のチェックポイント
その1 幻のコブタちゃんTor、ゴメ蔵のノリノリTor、レバクーのPK
その2 ラムたんの黄色
その3 コブタちゃんの裏返しスポンサーユニ
そして番外編としては、terarossaさんごひいき、大喜利フリードリッヒ選手&ファイト一発スボティッチ選手(お詫び:スボティッチ選手は、バイヤーの選手ではなくドルの選手とのことです。訂正します)、公共エイセイ放送の海外ニュースの時間に出てくる男性キャスターに似てるアドラー等々、なぜかプレーの秀逸さとは違うコトで私の脳の溝にセーブされているバイヤーのみなさん・・・。

その1については実に確認のみ、ということでええ、早回しで前半を見て・・・
以下、「その2以下」の感想を。

a0094449_9471718.jpgラムたんの黄色
えー?黄色ぉ?そんな~・・・。加茂さんも言いましたが、あそこで止めるにはあれしかないよねーと思うんですよ。そういう意味では前半のPKの原因になったブランちゃんの熱さあまって「手も足も出た」のバージョン違いだと思う。これでラムたんも手をだしたらまたまたPKになったのでしょうか。

試合を通しラムたんの熱さを覚えました。軽い気持ちで触れたら水ぶくれどころじゃない熱さ。いや、みんな熱いと思うのだけど、シーズン初めからのBチーム扱いで氷のように凍てついていた心身にはその熱さでようやく凍った身体が溶けてきたってところでしょうか。さしずめオットルくんたちの現在の状況は自らの燃える熱さがまだ実感できず「うひゃ、あったかくなってきたー」というところなのでは?
凍てつかせすぎだったんだわ、チューリップ監督は。
a0094449_9512575.jpg
少しずつ解凍が進んでいるオットルくん、相手を止めようとして自分で転んでしまいうずくまってたけれど、誰も注目してくれませんでした。あああー、かわいそう。ちょっと足を引きずって戻ってきていたのですが、大丈夫かしら。最後のゴメ蔵へのクロスはよかったのに!よかったのに!ゴメ蔵の持病が・・・(号泣)。

a0094449_9503926.jpgコブタちゃんのスポンサー名裏返しユニ。
魔さかのユニですよね。そして、試合終了後にはさっそくバイヤーの誰かが「ユニ、くださいっす」てな感じで交換してましたよね。おほほ。あはは。お宝ゲットした幸運の選手は誰なんでしょーか?絶対にフジ次だったらそれもチンタオだったら鬼の首を取ったように試合中継しないでこのユニのことばっかり話していたでしょうけれど、さすがガオラ。大人の中継&動じない加茂さんの解説、一言もこのことに触れてなかったですよねー。まあ、コブタちゃんが後半はカメラに抜かれるほど活動できなかったということにもなりますね。


番外編
ありえない夢物語(次男の帰還、メツの復帰と同じく「ありえない」とブンデスの師匠から言われちゃいそう)ですが父ちゃんちでWフリードリヒでCBを組ませたらDFBのカレンダー売上は前年比200パーセントになりそうな、絵になる(実際にterarossaさんの描く絵もすばらしい)フリードリヒの片割れマヌエルさん。
terarossaさんのバイヤー観戦ツアー日記で、見た目だけでない頭の回転も「イケてる」フリードリヒの敵ながらあっぱれなところにうっとり。
ファイト一発おれだよオレなスボティッチは出てませんでしたよね?(って誰に確認を取ってるんだか)。(お詫び:スボティッチ選手はドルの選手ですので、当然ながらこの試合には出ていません)
金曜土曜の公共エイセイ放送の「おはよう世界」を担当している男性キャスターはアドラーを思い出す(逆はあまりないけれど)顔なんですよ。どこが似てるんだろう。おでこから鼻にかけてのラインかな?目かな?口元かな?全体が、というよりパーツが、なので「似てます」と言い切れないのが悔しいけれど(笑)。
WM10の戦線離脱前のアドラーはちょっとオシャレに走ってましたが、今はかなりサッカーに集中しているように思いました。ちょっと気弱そうだった眉間もしわが伸び(ん?)。
しかし、一番私の目を引いたのは、かつてたった5週間でバイヤン面々の自信を取り戻させたユップおじいちゃん。バイヤンでは「おじいちゃんはのう、こう思うんじゃがな」みたいな感じでしたが、バイヤーではなんだか若返ったような?ま、まさか、親会社提供で何か薬でも・・・・?(違)。

おじいちゃんはチューリップ監督と違ってスタベンを凍らせるようなコトしないんだろうな、と思いました。チューリップ監督だけじゃないんだよね。SDの発言もなんか冷え冷えしたものがあって、温かい部屋で見ていた録画ですが、おじいちゃんの向こうにボワっと映るチューリップ監督から伝わる冷気に思わずセーターを重ね着してしまった勤労感謝の日の朝です。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/11605404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by terrarossa at 2010-11-23 16:44
こんにちは!
レバークーゼン対バイエルンの試合は、後半、ネットがうまくつながらなくてあわあわしているうちに終わってしまいました(涙)。レバークーゼンはここんとこずっと、とても上位にいるとは思えぬしょぱい試合が続いていて、何だかなあという感じです。怪我人の皆さんに早く復帰して欲しいです。
スボティッチ選手は、2008年にマインツからドルトムントに移籍してきて、現在、大活躍中ですね。ピッチ外で目撃した彼は、オレだよオレ!という感じではなくて、むしろ年齢に似合わず非常に落ち着いた雰囲気が印象的でした。
Commented by eastwind-335 at 2010-11-23 17:54
terrarossaさん、こんにちは。
うう・・・スボティッチ選手はドルなんですね。terrarossaさんのブログを読み直して再確認。「あー、ドルトムントまでお出かけになったんだ~」と改めてフットワークの良さに感服したところです。
ということで、文章を少し訂正しておきました。ありがとうございます。

レバクーもけが人のために辛いところにあるようですね。ドルとの差が開いたとテレビでも言ってましたが・・。でもウチよりはいいですよ(って慰めになりませんかね・・)。フリードリヒさんは髭を落としてましたね。髭面をかなり期待していたのですが、髭無のメツみたいなもんで、そっちも良い、と・・・。
フリードリヒさんが映るたびに聞いたことないので想像上の音声ですが野太く「Auf geht's!」って鼓舞してるようでした。あのコラボ、ほんとステキですよー。
いや、バイヤーはすごかったです。ラムたんとブランちゃんという小さい人たちが果敢に止めに行ったものの、何度ヒヤヒヤさせられたものか・・。2nd legはお互いけが人が回復復帰となるのでしょうか。楽しみです。
by eastwind-335 | 2010-11-23 09:51 | バイヤン | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る