家人のサッカー情報源

家人は年に数回、修学旅行と私が名づけている1週間単位の出張やら旅行で海外に出ているのですが、その際にどういうわけか怪我をしてくることが多く、この半年は凍ったところを転んでしまい肩を痛めたのが治りません。50肩も同時に来たのか、長期化しているようです。でも日常が困るわけではありません。それは幸いです。
最初は整形外科に通っていて、そこでの治療は一通り終わったので、いまはリハビリ施設のある整体のところに時間がある時は週4日通ってます。そこのリハビリ担当の方は、サッカーが好きなのだとか。

ということで、20分するかしないかのリハビリの時間、サッカーの話を聞いてきて、私に披露してくれています。
そして、ヨメがバイヤンを応援していること、父ちゃん一家に夢中なども話しているそうです。

昨日も行ってきたそうです。
で、バイヤンの話になったそうです。やっと勝ててよかったですねーと言ってくれたとか。
そんな話を聞きながら、出勤前に作っていったブリ大根をカレー皿いっぱいに盛り付けたものを「それぞれ」が食べ(ああ、金曜は年に一度しかない体重測定の日なのに!)ながら、録画しておいた(初回放送がなぜ、午後2時半からなの?!)ハノーファー戦を観ました。

まあ、いろんな話になったのですが、一番は、ハノーファーはバイヤンにサッカーをしに来たのではなくケンカに来たのか、ということでした。すごかったですね。あの得点が決まると自分より先輩でも頭を叩きになでに行くミュラーの頭を叩いたり、いまや「父ちゃんの新たなお気に入り」的な報道をされている(でも私は本当のお気にじゃないと思う)バトゥストゥーバ(ああ、言いにくい。最後のストゥーバだけとって仏塔とか言っちゃいそう・・・←正しくは仏塔はストゥーですけれど)の顔を蹴ったり、トニクロもやられてたようなー。プレーの延長にしては痛すぎるシーンが映り、多くの場合、そのままプレー続行となっていて・・・。
私たちのツボは、ゴメ蔵1点目のゴール後のアルティントップが自分の顔をローリングさせながらゴメ蔵の顔をなでているような祝福の仕方。トルコに何度も行っている家人曰く「まあ、トルコの男同志でチューしちゃうからなあ」とサラッと言ってましたが、私はドキドキ。ゴメ蔵は一人感動に浸ってる感じでそんなことも気づいていないような。そして、ウリおぢさんたちフロントの頂点にいる人たちが観客席にいるところが映りましたが、偶然か、ウリおぢさんは感極まったように涙目の顔を横にそむけたような・・・。こんな情のこもった祝福のさなか、ベンチのチューリップは冷たい感じ。いや冷静なのか。どうせ同点に後から追いつかれるんだろうしな、と思ってるに違いない、とか、録画なのをいいことに何度も繰り返してみては二人で言いたい心の中を代弁してみたり・・・。

家人の一番のびっくりは、ラムたんのうっすら髭面と、ブランちゃん初認識!でした。特にブランちゃんは「発見」に近かった様子(笑)。
家人はオリッチを注目していたのですが、いささか陰の薄いブランちゃんのことは昨日のその時まで知らなかったと。そんなこといきなり言われたので、ブリの骨が喉に行きそうになったワタクシです。家人は最初ブランちゃんの容姿(髪型と髪質)に衝撃をうけたようで、家人の好きな国の一つクロアチアの選手と知り、ますます気になり始めたようです。

そして私は今シーズン初出場初スタメンのオットルくんのことが心配で心配で・・・。
試合勘をいきなり取り戻すのは大変でしょう・・・という中継アナたちの話に「そうなのよ、そうなのよ。でもきっとチューリップはこの試合と次の試合だけで「冬からは、どっかで練習してくれ」とか言い出しそうなのよー」と心のうちを家人に吐露。
どうにも、ほかの選手とリズムの違うオットルくん。ミュラーみたいに長い手足を活かすんじゃなくて、それに自分でこんがらがって転んでしまいそうな、いつものおっとりオットルくんがピッチにはいました・・・。あんまりクルクルまわってるから、目が回らないかと心配になったり、せっかくラムたんがパスをくれてるのに、後ろに戻したり、これまたいつものように「どこに出そうかな」とおっとりしてる間に、ケンカ上等気味なハノーファーがボールを取りに来たり・・・。

やばい。ぜったいに、このままじゃ冬休みにニュルンベルガーへホームステイになっちゃうかも~、と半べそ気味の私。家人に「頭で考えて足先でボールを扱うまでの時間が人の1.5倍かかってるようで、本当に心配よー」と話していたら、家人が「要するに・・・(以下自己規制)」と手厳しいことを。走る時も蹴るときも長い手足が邪魔なようで、ホントひやひや。幼稚園でスキップできない息子を見ている母親はこんな気持ちだろう、と言ったら、大人になったいまもスキップができない家人曰く「うちの母親は「まったく、誰に似たのか」って冷たく見ているだけだった」と。えー。うちの母なんて、弟に一生懸命一緒に手をつないで教えてあげてたのになあ・・・(笑)。

だれか、オットルくんに「ボールが足元に来てからパスを出すまでにかかっている時間」を教えてあげてください(汗)。

とあんまり一生懸命前半を見ていて後半は途中でギブアップ。ま、結果は分かってるし、試合としてはそりゃあ「A-Elf」みたいに「華麗」じゃなかったかもしれないけど、勝ち点3を取ったのはB-Elfですからね・・・。

そして、今朝も睡眠応援の状態で聞き逃したCL予選。なんか、負け試合状態に近い形で勝ったように見えるライブティッカーなんですけれど・・・。オウンゴールがなかったら…(汗)。Foot!での酷評を覚悟しつつゴールシーンを観なくては・・・。あ、その前にそうか、有料会員としてFCB.tvを観たらいいんですよねー。でも、この頃、ラジオを聞くときも何度も何度もはじかれて、ようやくパスワード認識をしてくれるのですけれど、これってスキミングかしら?
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/11449650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きゅん子 at 2010-10-20 17:34 x
プランちゃんに目を付けられるとは、流石は東風さんの旦那さま!!(勿論私とは別の意味ででしょうけど(笑))
・・・ってゆーか初認識ー!?;;そ、そんなに今まで目立ってなかったですか・・・いやきっと今まで出番が少なかったから認識するまで時間がかかっただけですよね(^^;まさかと思いますが小さくて見えてなかったとか・・・<あまりにも失礼

そしてオットルくん、悪くはないけどそのもう一歩先に行けない感じ・・・彼に対する東風さんの心配はなかなか尽きそうにありませんね。。。
そんな中、昨日のスカパー実況の〇藤さんがオットルくんを30歳とか言ってました・・・おーい!?;
Commented by eastwind-335 at 2010-10-23 09:36
きゅん子さん、こんにちは。
いや、ブランちゃんのことを家人が気づかなかった一番の理由は、WMにクロアチアが出られなかったからであろうか、と。でもなぜかオリッチは知ってるんですよねー。そしてビリッチ監督も。それはEMで知ったから、あれ?ブランちゃん、やっぱり小さすぎたかも。ラムたんのことは小さいってところから知ったのになあ・・・。家人は変わった(改めていうほどでもないですが)ところがあって、苗字からどこの国の出身かを考えたり、その苗字と容姿から感じるイメージのことに興味があるようです。父ちゃんのこともドイツ人らしからぬ容姿ってところから入ったようだし。
オットルくんは、本当に本当に・・・・・。心配が尽きません。ラムたんもこんな気持ちなのかしら。
by eastwind-335 | 2010-10-20 06:41 | 日常 | Trackback | Comments(2)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る