あなたのお気に入りのにほひ

8月はおけいこがないために、すっかりお習字から離れてしまったのですが、気が付いたら、あさってから再びお稽古!
しかも、私は月例の課題以外に、いよいよ社中が属している書道団体展に作品を出すことになり、さらには先生のお知り合いの方の企画でお手本なし作品を10月までに仕上げる必要があったのに・・・・。

あはは、ほとんど手つかずのままであったことにあせり、今日は帰宅してから硯を出しました。
月例課題や団体展用の作品は、土曜のお稽古で見ていただく作品をとりあえず書きました。あんまり書き込むと変な癖がつくから、ということで、ピアノでいったら初見の時点で先生の指導をいただくのがいつものパターンなので、ええ、それほど書き込みませんでした(コラ)。
お手本なしについては、どの字(変体かな)を使うべきか、徐々に固まってきた感じ。

これまで使っていた墨がようやく小さくなり(笑)、新しい墨を使い始めて3か月ほど。
少しすっただけで濃い墨ができるのでお気に入りなのですが、これが麝香入り・・・。麝香なしにしておけばよかったなあ・・・。ちょっと私には強いです。同じ日に指導してもらっている方々は気にならないと言ってくれますが、本当かなあ・・・。麝香なんて匂いとは縁遠いワタクシには強すぎます・・・とほ。
化粧すらしない母から、何を思ったのか学生時代に友達と香港に行くことになったワタクシにポアゾンを買ってきてほしい、と頼まれたことがあります。帰国直後の弟の卒業式にそれをつけて行ったら、ほかのお母様たちもつけていて気持ち悪くなった、というエピソードがあるほど。我が家では、香りで女をあげるって発想はありませんね・・・(笑)。それでも20代のころは、周囲の勢いに押されてアリュールとかホワイトリネンとか買ったんですよねえ・・・。使い方がわからず、今は本棚の飾りになってます(笑)。 恐ろしくて匂いを嗅ぐ気はしません。
そうそう、うちの職場の50代男性数名が、たぶんバブル時代の名残なんだろうけれど、オーデコロンをつけて出勤してくるのです。それが強くて・・・・。男性はアフターシェーブローションの香りで十分な気もするのだけれど。

で、本題。
バイヤン選手のお気に入りのオードトワレはこれだ!という記事がBildに上がってます。
元ネタはバイヤン年鑑に記載されているものだとか。
ふーん、そういうことも年鑑に載せるのですね・・・・。私は最初、Bildに記者がクンクンと嗅ぎにいったのかと思いました。

赤っピテンボメは Dolce & Gabbana
大人のブットさんは „Fahrenheit“(Dior)
ミュラーはアディダス
ロッベンは„Hypnose“ (Lancome)
ブイテン兄は„Fahrenheit“(Dior)
ブラーフハイトはGuerlain
リベリはChanel
アルティントップは„Sun“ (Jil Sander)
オリッチは„Allure“ (Chanel)
オットルくんは „Homme“ (Dior)
コブタちゃんはMarc Jacob
バトゥストゥーバもMarc Jacobs
クラフトはJean-Paul Gaultier
ブレーノもJean-Paul Gaultier
トニクロはDiesel
コンテントは„Sculpture“ (Nikos)
ミーチョは„Black XS“ von Paco Rabanne
ゴメ蔵は„Boss Bottled“ von Hugo Boss
ラムたんは„Azzaro pour Homme“

ミロやブランちゃんのことは載ってませんでしたよ~とほ。
ラムたんいわく、お気に入りのオードトワレは「堅実なビジネスマン」をイメージさせる匂いなのだとか。今のラムたんにピッタリだね、みたいに書かれています。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/11224160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2010-09-03 00:46 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る