三週間の離脱

昨日のモルゲンターク新聞、長男離脱を伝える大きな写真入記事の横に、ラムたんを誉める記事も載っていました。モルゲンターク新聞ってラムたんを取り上げる率が高いような気がします。そして、この記事の書き方がそれまでの「日本的な」日本語とは違うんです。

よく、ドイツ語の読解参考書に「ドイツ語の新聞では、同じ人物に二回と同じ表現を用いない」とあります。最初は名前で、以後、職業、性別、年齢、居住地・・・・などを使って、「彼は」「彼は」「彼は」・・・としない、と。
で、昨日のモルゲンターク新聞には「26歳は」なんて書いてあって。一瞬、ドイツ語媒体のインタビュー記事をそのまんま・・・(以下略)。ま、魔さかね?

さて、我が家も離脱者が出ました!
とりあえず三週間。

といっても、皿洗いからなのですが・・・。

昨晩、ヘトヘトになって私が帰宅したら、いつもは閉まってあるリビングへのドアが大開きで、ちょっとした違和感が。
で、見ると、家人の格好が変。いや、いつもヘンなのですけれど、なんか、もっとヘン。
机に肘をつきながら手のひらを重ね、その上にアゴを乗せている。
事情を尋ねると・・・。

我が家は、私作る人、私たち食べる人、アナタ洗う人が徹底しておりまして、大抵は家人が洗い場担当。
で、私が帰宅前にお皿洗いをしておかないと、私がブチ切れるのは必死であり・・・。
フレキシブルな出勤形態を取れる家人。昨日は6時ごろには帰宅。で、私が7時過ぎに帰宅できそうと知り、慌ててお皿を洗い始めたそうなのです。で、ですねー、シンクの横が汚れていると気付き(←いつも気付かないので、私が洗ってる)シンクに横渡ししてある水切り道具の下にスポンジを滑らせたところ・・・
水切り道具から突き出ていた包丁に・・・・。
割と冷静で、「救急車を呼ぶわけにもいかないから、救急の人に電話で処置方法を尋ねた」と。30分止血して止まらなかったら、行くべき救急病院も聞いてある、と。本人は我が家の傷薬で対処するつもりだった様ですが、完全に止血できないようなので急ぎ救急病院へ。といっても、ここは、家人のメイン病院でもあり、担当医の先生が入院病棟へ行くところに行き交いました。

待合室は空いていたものの、救急車が2台続けてきた直後。看護師さんから1時間は待つ、と言われていましたが、その間、ご家族と一緒に具合が悪くなった方が二人ぐらいいらしたり、まだ処置が終わってない方がいたりで、家人よりずっと大変そうな方々いっぱい。2時間半ぐらい待って、ようやく診察。
救急に来る人は具合が悪くて来るのだから、なんとなくシーンとしてますよね。なのに、家人は声がでかい。彼なりにショックで、ペラペラ話してないとやってらんないんだろうな、とも思いますが、ここは公共の場。黙って雑誌を読んでよねっ!とおっかない声で言ったら「そんな怖い声じゃなくたっていいじゃーん」とこれまたバカでかい声で・・・。
ああ、親の顔が見てみたい、と言ってやりたいところですが、それはそれで、自らシウトメの網に囚われることになるので言えません(汗)。

結果として、何針か縫い、包丁にどんな菌がついているかわからないから、ということで破傷風の注射も。何を医者に言ったのだろう・・・。まあ、家人はいつも洗い残しがあるので、私がキーっとなるんですけれど、まさかそんな話もした?
これって3回受けないとダメなんですってね。ということで、6月始めの海外出張が終わったら2度目を打つことに。真夏の出張先への予防接種に破傷風用はなかったけれど、ちょっとは免疫がつくのかしらん?
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/10644488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by コリアンダー at 2010-05-19 23:27 x
うわわわ、読んでるだけで貧血起こしそうです~。
お大事になさってくださいねー。
それにしてもえらい待たされようですが、その間に血が止まらんかったらどうなるんでしょう…
Commented by 筍母 at 2010-05-20 08:27 x
あらあらあらあらたいへんでしたねぇ(汗)
病院から帰宅してどっと疲れが出たでしょう。
太い血管が切れてなくて不幸中の幸いでしたね。
しばらくのあいだ、私作って食べて洗う人、頑張ってください・・
ところで、「同じ人物に同じ表現を二度用いない」ってそういうルールがあったんですね!機械翻訳頼りの私、いつも、なんでここまでいろんな書き方するんだ?って不思議に思ってました(笑)
Commented by himekagura at 2010-05-21 01:33 x
まあ!大変でしたね。お大事になさってください。
長時間待たされて、お疲れだったでしょう。旦那様、痛かったでしょうね。
洗い物も油断したらそういうことになるんですね。ちょっとした傷だとちょこちょこやってしまう私ですが、、気をつけないと。
Commented by eastwind-335 at 2010-05-23 21:35
コリアンダーさん、こんにちは。
もっと貧血起こさせそうな発言があったんですよ!
夜間救急の病院は大きな病院なので、慎重な診断でしたが、家人が50肩でお世話になっている街の整形外科の先生は「ケッ」って顔だったようです。
ということで離脱期間は短縮されるかもしれません(笑)。
家人の場合はうっすら血が滲むという感じでしたので、一番酷いときは終わっていたから、待たされましたが、止まらなかったら順番は上がったかもしれません。
Commented by eastwind-335 at 2010-05-23 21:36
筍母さん、こんにちは。
お蔭様で、順調な回復らしく、明日は抜糸となりました。

そうそう、ドイツ語は、そこが面白くもあるのですが、主語を工夫しているんですよねー。機械翻訳だと、ナンじゃそりゃ?みたいなことになるかもしれません。
Commented by eastwind-335 at 2010-05-23 21:38
himekaguraさん、こんにちは。
いまや指の傷よりも50肩のほうが痛いらしく、もう、包帯も外してます。明日かあさってには、皿洗いに復帰してもらいたいものです!
小さな傷でも化膿してしまったら大変なことになりますよね。どうぞお大事に・・・。
by eastwind-335 | 2010-05-19 06:00 | 日常 | Trackback | Comments(6)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る