モクモク対決?(とりあえず前半戦)

いや、別に日本時間モク(木)早朝からの中継だから・・・・というわけではなく、葉巻大好きカントク率いるアルゼンチンとの親善試合をおこなう、前日PKでは黄色いタバコもどきまで用意したという、イメージ的にはお手製手巻きタバコが妙に似合う父ちゃん(確か、吸わないはずだけど)のモクモク(煙々)対決ということで・・・。

久しぶりのWDRでの聴戦。ちゃんと録音してあります。聞きなおすことはないのだけれど、すっかり習慣になってます(笑)。そして、本日もやっぱり「流し聞き」状態。なもので、細かいところは聞き取れず、ラムたんの名前が聞こえると反応してしまいます。

ドイツチームの最初のシュートがラムたんからだった、ということで
「やっぱり、ミュンヘンの会場だったらラムたんがまずはゴールをしないとね」と4年前の夏物語を思い出すようなコメントが。ラジオでは何度か「夏物語」と言ってた気が。

けど、今回の夏物語はワタクシには、はだしで砂利道を歩くようなイメージが・・・。
Löw sprach von einem "Wechselspiel", das er im Mittelfeld sehen möchte: Ballack soll nicht mehr nur nach vorne agieren, mit "Hilfssheriff" Frings (so von der Süddeutschen Zeitung beschrieben) als Absicherung dahinter, sondern Ballack soll auch absichern, wenn sich Nebenmann Schweinsteiger ins Offensivspiel einschaltet.(ARDのライブティッカーより)

フリンクサーがいないこのチームのなかで、長男が長男らしく生きるには、コブタちゃん次第であるということのようです。
もっと困るのは、DF陣。ラムたんとメルテくんの良い子コンビだけしか決まってない。
メツのばかぁ・・・と、今なお、彼の不在を嘆きたくなる私です。メルテくんがメルテくんらしくいられるためにメツの存在は大きかったと思うんです。上手い・ヘタじゃなくて、いることが大切だったと思うんです。

・・・・って書いたら、なんか、メルテくんのミスがアドラーにも影響して、おーいおーいおーい、アルゼンチンに先制されちゃった・・・。メルテくんが静かだった・・・と言ってるようでしたが、うーん、この辺、オリはどう評価するんでしょう?
ネッツァーだったら「ウマ・シカ・バ・カ」とか言っちゃいそうなコトだったのか?

前半が終わって、唯一、ウフフと笑ってしまったのは、中継アナたちがラムたんとメッシの1対1のところを中継したあとで(その時も散々「ちっちゃいラムたんが」「ちっこいラムたんが」と言ってたように聞こえましたが)
「メッシも小さいけれど、ラムたんも小さい」
「ラムたんって、やっぱ、メッシよりチッちゃいですよねー」
「そう、ぜったい小さい」

と嬉しそうに掛け合っていたところでした。
a0094449_650176.jpg

ARDに上がっていた写真。このシーンが前半の山場だったのでしょう。私の節穴の目には、これは185センチぐらいの選手の1対1にしか見えませーん、といいたいところですが、多分、小さなふたりが、コマコマと競り合っていたことでしょう・・・。
いーんだもん、身長170センチは世界のトレンドだもんっ!ナガトモくんも仲間に入れてもらえるようがんばるんだぞーっ!!!





昨日の日本代表はまずまずの動き、問題ありな中盤、とりあえずFWは仕事をした、という内容に思えました。
ちょっとしか見られなかったけれど森本はうまいなー。あの体の入れ方に、岡ちゃんジャパンにもう一人これと同じ事ができる人がいたらいいのに・・・と思いました。そして、あれを、背後から「うまいなー」という気持ちで見ていたであろうボランチやDF諸君、相手チームのああいう動きは封じなくてはならないのですぞ!
本田は最後までよくがんばりました。でも、周りが心底「頼むぞ」「ホンダにボールを廻して決めさせたい」と思ってくれるようにもっとがんばりましょう(笑)。
岡崎はゴンちゃん2世にふさわしい(うちの親が従兄弟か?と思ったそう)ガッツ。
なかなか決まらず、1-0で終わるかとおもったけれど、この点取りの3人がそれぞれの個性を出していて、可能性はあるチームなのになあ・・、化学反応をさせるための何かが足りない。司令塔役のタスキに長し、帯に短しのオレさまパスに、ゲームメーカーの役を本田から取り上げた以上はもう少し責任をもって、ボールに触ってほしいと思いました。いまや、アンタの同僚はガイコク人じゃないんだからさ。
そして・・・右がまーったくと言ってもいいほど機能してなかったように思いますが・・・。緊急時に備えて、長友には右の経験も積ませたほうがいいかも。

問題は協会にもあるよねー。選手発表までに、強豪との親善試合をまーったく入れてないんだもん。
もちろんJとの兼ね合いがあるんだろうけれど、Jで切磋琢磨しましょう、なんて解説を聞くと、
「Jに森本やホンダのような選手はいないじゃん。でも海外じゃ普通にいるのに。切磋琢磨って、どうやって?」と思います。
昨日、職場のサッカーどシロウトのお兄さんから「この前さあ、眠れなくてテレビつけたら、CLのチェルシーvsインテル戦をやってたけど、Jのサッカーと全然違うじゃん。ヤバくないか、日本?」と言われたばかり。協会にも言い分があるだろうけれど、予選が少ない年などに、外へ試合に行ってもう少し経験を積ませるべきだと思うんですよね。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/10104832
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by eastwind-335 | 2010-03-04 05:51 | バイヤン | Trackback | Comments(0)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る