4年後に滑る人たちは大変だ!

こんなに高レベルの演技が続いて、もう、どうなっちゃうのかな~、見てるこっちがもつのかしら、とおもうほどでした。

ミスがない、というだけでなく、選手たちにそれぞれドラマがあって・・・。
私が見始めたのは鈴木選手からだったのですけれど(それに時間を合わせた)、彼女のすごく幸せそうな表情と柔らかい指先に、私は生まれて初めてフィギュアを見て涙してしまいました。
ロシェット選手の精神的な強さに、絶対に天国でママが見てますよ、って声をかけたくなりました。

そして、最終走者の長洲選手ののびのび感には、まぶしさを覚えました。

4年後も今回のメダリストはまだまだ出場機会があると思うのですが、うーん、後進の人たちは大変!彼女たちを越えるってどんな選手になってしまうのでしょう。

追記:得点が出る前とか、滑る前とかのコーチの様子にも目がいったのだけど、あのう、開けていいシャツのボタンの数には規定はないのでしょうか?放送コードにひっからないかな・・・(汗)。安藤選手のコーチ、さっきまで飲んでた?って感じに見えたのですが(笑)。
[PR]
トラックバックURL : http://ew335.exblog.jp/tb/10059219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by himekagura at 2010-02-26 22:49 x
あんまりフィギュアって普段見ないのでよくわからなかったんですが、それにしてもどうやら記録的に高い得点が出てたみたいですね~。どこがそんなにすごかったのかもよくわからないんですが、とにかくすごかったんでしょう。進化してるんですね。フィギュア。
Commented by 東風 at 2010-02-27 08:53 x
himekaguraさん、こんにちは。
いやいや、本当にどの選手もすごかったです。
もちろん採点基準の面からもミスは許されないわけですが、それぞれの選手が彼女たちそれぞれのシーズン最高のレベルでの「ノーミス」状態(ですから、もちろん、それぞれみんなミスはあったのですが)で競技を終えたと思います。それができなかったのが唯一浅田選手だったのだろうと。
技術面の細かいことは私もわからないのですが、単純に見ていても「美しい」とうならせるプレーヤーばかりでした。技術と芸術とが高次のレベルでマッチしていた、というのでしょうか・・・。それぞれの選手の心にじみ出ていたのが、自然と伝わってくる、そんな選手が多かったのも印象的でしたよ。
Commented by バート at 2010-02-28 08:04 x
かなり盛り上がったみたいですね!
僕もテレビで見たかったのですが、さすがに夜明け前では仕事があるので。
最近の女子フィギュアはアジアに中心が移りつつありますね。
嬉しいことです!

さて明日はバイエルンvsHSV!
ここで書くのもなんですが、がんばれHSV!(書いちゃった(笑
Commented by akberlin at 2010-03-02 21:24
そうそう、アメリカ代表の未来ちゃん、日本人の
ボキャブラリーにないふうなスマイルだったけど、
あれも外国人ジャッジにはプラスに映ったんでは
ないかと思いました。伸びやかでしたよね。
大技をたくさん惜しみなく繰り出すよりもひとつひとつの
技を丁寧に、危なげなく流れるように滑れる
ことが重要なのかな、と思いました。
Commented by eastwind-335 at 2010-03-04 12:44
バートさん、こんにちは
お返事遅くなりました。
フィギュア、アジア人のほうがコーチのいうことをよーくきくのでジャンプなどの技術がどんどんと上手くなると聞いたことがあります。
でも、私、実は欧米人にしか出せない、音楽と芸術とがムリなくピタっと合っている滑らかな踊りも好きなんですよ!だから欧米の選手がもっとたくさん出たらいいのになーともおもっているのでした。
Commented by eastwind-335 at 2010-03-04 12:49
akberlinさん、こんにちは。
大技を決める素晴らしさ、流れを重視する素晴らしさ、その人の背負っている文化を見せる素晴らしさ、今回はそれぞれの選手がいろんなことを選択して望んだのがよくわかる大会になったと思います。
そういう意味では、グルジアの選手も注目していたんです。
by eastwind-335 | 2010-02-26 14:24 | 日常 | Trackback | Comments(6)

東風のささやかな毎日のささやかな記録


by eastwind-335
プロフィールを見る